続・PHILIPS LHH700 トレーベルト交換です

こんにちは ナックオーディオ中村です。

先日このブログにも書いた PHILIPS LHH700 のベルト交換を、今日ちょっと時間が空いたので、ちゃちゃっと交換してみました。

作業の詳細については、以前にLHH500のベルト交換を掲載したので見てみてくださいね。
( PHILIPS LHH500 ベルト交換  http://nack-audio.com/wordpress/?p=1227 )

CDドライブ

まずはフロントパネルを外し、CDドライブを取り外します。
配線をまとめているタイラップを2本切らなくてはいけませんので、あらかじめ用意します。

ゴムベルト

ドライブを取り外すと、千切れたゴムベルトが落ちていましたww
そりゃ動かないははずです。

モーター

まずはディスクのクランプを動かすベルト2本を交換します。
このベルトを交換するためにはモーター自体を取り外さないといけません。
ちょっと面倒ですが、同時にプーリーもキチンと掃除できるので、あきらめてはずしましょう。

プーリーのベルト接触部

ベルト取り付け前にはもう一度、プーリーのベルト接触部を無水アルコールでキチンと脱脂します。
ここは結構トルクのかかる箇所なので、ゴムが滑ると意味がありませんので。

トレー開閉ベルト

続いて、トレー開閉ベルトです。
もともとのベルトが目で見てわかるくらい伸びていますねぇ
表面も少しベタベタしています。 経年劣化ですねぇ

ここからベルト交換に移るのですが、巻きつけてあるワイヤーを取り外さなければなりません。
元に戻す時に巻き方を間違えると不具合が生じますますので、ちゃんと覚えておきましょう

プーリー

トレー部のプーリーも全て取外しキレイに掃除します。
途中、プーリーを止めているCリングを落として、危うく無くすところでしたよww
くれぐれも注意です!

内部

CDドライブを元に戻す前に内部をエアーで清掃しておきます。
おお すごくキレイになりましたねぇ
毎回のこPHILIPSの銅製シャーシを見ると惚れ惚れします。 カッコイイ!

内部-2

ベルト交換を終えたドライブを乗せ、フロントパネルを装着させ、いよいよトレー動作チェック。
う~~ん 快調です!
ベルト交換したせいか、より快調に動いているように思えます。

PHILIPSのLHHシリーズを使うにあたっては、このゴムベルトの劣化は必ずくる症状です。
今回ベルト交換したことで、あと10年くらいは保つと思います。
本来はベルトが切れる前に定期的に交換した方がいいかもです。