こんにちは ナックオーディオ中村です。

ここ最近の天気ってのは なんだか訳がわからない感じがして 少し怖いですよね。

今日の東京は 午前中は「真夏」って感じのギラギラ蒸し暑い陽気だったのですが

午後になったら急に風が吹き始め、雹(ひょう)がバタバタと降り始めたりして

しかも その雹が けっこうなデカさ

線状降水帯やら ゲリラ〇〇〇 ここ数年では よく耳にする言葉になりましたね。

そして 気になるのは 今も 捜索活動、復旧活動 に追われている熱海の土砂災害

土石流が勢いよく流れてきて 一瞬で家ごと流されてしまうあの映像は かなりショッキングでした。

地元の方は今でも 強い雨が降ると怖い思いをしていることでしょう。

今回の惨事で ご不幸に見舞われた方々 被害に会われた方々には 心よりお悔やみ申し上げます。

また 今も続く現場での 捜索活動 復旧活動 一日でも早く打開出来る事をお祈りいたします。

さて そんな なんとも不安定な天候ではありますが

今日見て見るのは AURATONE(オーラトーン)5Cシリーズの「珍品」です

AURATONE(オーラトーン)5C と言えば 3年くらい前に 5C Super Sound Cube として「復刻」発売されたのが少し話題になりましたね。

AURATONE(オーラトーン)5C と言えば U,S,スタジオモニターとして知名度も高く、世界中にマニアがいるマニアックなモデルです。

70年台~80年台のアメリカの録音スタジオミキサーの上には このキューブがよく乗っかってる風景があります。

主には70年代の初期モデル(の 前期/中期/後期 いろいろ)が人気で 程度の良い個体では なかなか入手も困難で 相応にお値段も高くなっています。

そして 今回当店にやって来たのは 謎のモデル! AURATONE Ultra Sound CUBE 5C

日本でよく見かけるのは 80年台に入ってからのモデル エンクロージャーの板材が厚くなり ユニットのマグネット部にカバー(防磁シールド)が付いたモデル(VIDEO-SHIELD)が多く流通しております。

と 一言で言っても 5Cシリーズでは 初期からのフルレンジ一発モノ~2wayのモデル、紙エッジ~ウレタンエッジ~ラバーエッジ等々 様々なモデルが存在します。

そして 一部のモデルは日本ではモデル公表されずに純粋に「業務モニタースピーカー」として流通していた「謎のモデル」もいくつかある事も確認されています。

その「謎のモデル」の一つが 今回当店にやってきた AURATONE Ultra Sound Cube

モデル記載には「5C」の文字は入っていませんが 5C系の血統モデルなのは間違いありません。

そして 調べても まったく詳細がわかりません。

本体のサイズでは 80年台後半の 「5PSC」 とほぼ同じ

その中でも 5PSC PRIMO SOUND CUBE というモデルに使われているラバーエッジのユニットに形状が似ています。

しかし センターキャップ部が もう少し古風なコーティングされてない紙質の「武骨」な感じです。 キャップだけ見ると初期モデルに似てます。

そして、決定的な大きな違いは 背面にバスレフポートがある事です。

一部の2wayモデルではバスレフが付いたモデルはありますが、フルレンジ一発のモデルでは基本的に「密閉型」を頑なに貫いていたシリーズです。

なぜ ここへきて このモデルだけ「密閉型」をやめたのか。。。。。

ここまでで よくわからないままなので

とりあえず ユニットを外してみます。

見た目で 80年台後半以降のユニットです。 ロットのシールは貼られてますが メーカーやモデル、生産国等の詳細は一切ありません。

また、内部に使われている「綿」材が比較的新しい感じからして90年台に入ってからの新しいモノかもしれませんね。

80年台のモデルって 内部綿材が 確か黄色くて なんかチクチクする系のガラスウールのような感じだった気がしたんで

こういう白いナイロン系の綿を入れてるのって 90年台以降だと思います。

う~~~ん

AURATONE Ultra Sound Cube 結局 よくわからないままで。。。

程度自体はキレイで良好なので 少し時間がある時にでも じっくり鳴らしてみようかと。。

こんにちは ナックオーディオ中村です。

毎年種を撒いている 朝顔 の芽がやっと出始めました。

今年は気候のせいか 種を撒いてから かなり時間が経ってからの発芽で

「今年はダメなのかなぁ。。」なんて半分諦めてたんんですけど、やっとこ芽が出てきて なんだか喜びも倍増してます。

毎年思うのですが この元気よく出てきた双葉を見ると なんだか元気がでますよねぇ

これから大きくなって 花が咲き始め 秋のはじめくらいまで毎朝楽しませてくれるでしょう。

さて そんな梅雨のなか 当店にやってきた今日の「ネタ」は・・・・・・。

Pioneer パイオニア XC-HM86 ネットワークCD​レシーバー

ネットワークCD​レシーバー ってなんやろ。。。 って方多いと思いますよね。

分かりやすく言えば プリメインアンプ+CDデッキ+ネットワークプレーヤー+AM/FMチューナー 等々

一言で言えば 「今どき超便利多機能CDミニコンポ」とでも言いましょう。

当店もオーディオ専門店と言っても なにも マニアックな高級オーディオや貴重なビンテージ等ばかりを取り扱っている訳ではありません。

時にはこういった家電店でも容易に販売されているオーディオ製品もぜんぜん扱っています。

とは言っても、こういった いわゆる「コンシューマ製品」的なオーディオでも 決してバカにしたり 見下したりなんかしてません!

どちらかと言えば こういったモデルにこそ 現代の技術的な進歩や、そのメーカーの力量が試されてる事が多いです。

超高級なハイエンドオーディオ等には無い、いかに「安く」「いいモノ」を「多く」生み出さなくては(販売しなければ)いけない「制約」が付きまとう為

ビジネスとしての メーカーの実力がないと成立しないジャンルなんです。

そして、ここ数年のオーディオ業界 特に上記のような「コンシューマオーディオ製品」「低価格帯オーディオ製品」を担ってきたメーカーが

ことごとく衰退しているのは オーディオ好きに限らず 経済ニュース等に目を通している方であればご存知かと思います。

今回やって来た Pioneer パイオニア XC-HM86 ネットワークCD​レシーバー

名前こそ パイオニア ブランドではありますが 実態はONKYOオンキューの子会社としてなんとか生きながらえてると言うのが正直なとこでしょう。

と、聞いても 最近耳するニュースでは その母体の ONKYOオンキュー も経営がよろしくなく、外資で復活してきた SHARPシャープ あたりで 立て直すなんて話も聞こえてきてます。

他にも有名どこでは Victorビクター(JVC)、KENWOODケンウッドの統合なんてのも ちょっと前に聞いた話でしたしねぇ。

また、中古オーディオを扱っていると 今は無きメーカーの往年の名機に会うことなんてのは よくある事で

その名機を扱うたびに「いいモノなんだけどなぁ。。」「需要が無くなっているのかなぁ。。」 いろいろ考える事も多いです。

話を戻すと 今回入荷してきたような 一般向けの低価格帯オーディオと言うのは ある意味 メーカーが生き残りを掛けた「魂」のこもった製品なんです。

そんな 今を生き抜く「今どきオーディオ」を見てみます。

まずは 一番の多機能ポイントのネットワークプレーヤー

ハイレゾ(DSD 11.2MHz/PCM 192kHz/24bit)NAS再生 はもちろん ネットワークラジオ から radiko まで使えるのが面白いです。日本中、世界中のネットラジオを聞けます。

続いて スマホ等の接続として AirPlay(Wi-Fi経由)と Bluetooth の2系統があるのがイイです。

スマホに限らず 今どきデジタル製品との接続の自由度がかなり高い! PCやゲーム等もワイヤレスで接続が簡単にできる。

続いて リモコンアプリがとても使いやすい!

もちろん機器専用にリモコンも付属していますが スマホアプリからの操作で普通使用での操作はほぼ全て賄えてます。

UIも国産としてはデザインも悪くないと思います。

そして 私が一番「これはイイ!」と思ったのは

無線LAN の 5Ghz 帯 が使える!  いわゆる Wi-Fi を選ぶ際に「A」と「G」を選ぶことがあると思いますが 、その「A」が使えるって事です。

何がイイかって。 レスポンスがかなりイイ!

以前に Wi-Fi 搭載のネットワークプレーヤーを数台使用してきましたが、基本的に 2.4Ghz だったので
試しに使ってはみても なんだか遅かったり不安定な事が多く、結局は有線LANケーブルを使うのが「当たり前」だったんですよ。

それが 今回の5GHzを試したら 多少のタイムラグはあるものの 2.4GHzに比べたら 全然快適で安定して使える!

これならLANケーブル無しで設置場所の自由度がかなり広がると思いますよ。(5GHzが安定してるのが条件ですが)

さらに 背面にはUSB端子が! そうなんです!これ外付けのHDDが付けれるんですよ!
実際に外付けHDDを稼働させてませんが、なんでも e-onkyo からのダウンロードは直でこのHDDにダウンロードできたりするみたいです。
フォーマットもFALCもちろんApple Lossless にも対応してるのがうれしいです。
USB端子は正面と背面の2系統あるので PC脇でつかうなら正面でケーブル抜き差しすれば 簡単にHDDオーディオを構築できます

あとは 性能のデジタルアンプ部

ステレオ 65 W+65 W クラスD アンプ 特に今どきとしては「優秀」って程の感じではありませんが、小型ブックシェルフならもちろん余裕で
小型のトールボーイくらいでも 能率しだいではぜんぜん使える感じです。

そして CDプレーヤー

プレーヤーとして可もなく不可も無くってイメージ SACDまでカバーしてくれてたら「気が利いてるよなぁ」って感じなんだけど
、さすがにそこまでは難しいよな。

あとは S-HM86-LR として スピーカーとセットでも販売されていたらしいです。
実際に見てないので何とも言えませんが、コスパ良しのハイレゾ対応として評判はなかなか良かったみたいですね。

そして、 いろいろ一通りこのモデルをいじってみて 販売価格を知って驚きました。

メーカー希望価格では5万円台後半だったようですが、ネット等の実売価格を調べると¥40,000を切って3万円台まで値引きして販売されていた事もあったようです。
う~~ん こんな 超便利で多機能な製品が3万円代だったらかなりハイCPなモデルだったんだよなぁ。

ちなみに発売(実売)は2018年からで、 今から3年以上前に こんな多機能モデルを出していたなんて。。しかも この価格で。。

「実力」のある パイオニア(ONKYO)だから出来る 「技」 なんだと とても強く感じます。

こんにちは ナックオーディオ中村 です。

東京では 今日現在 梅雨 ではありませんが、毎日ぐずついたモヤモヤした天気が続いてます。

近年の気候変動のせいでもあるのでしょうか?

はっきりした梅雨入りって感じも無く、なんとなく梅雨っぽい日々って感じです。

年々その「季節らしさ」みたいなモノも薄れてきて、日本独特の「四季」の感じ方も変わってきているのかもしれませんね。

本日 当店にやってきたのは DYNAUDIO MC15 アクティブスピーカー

発売(発表)は2007年。 もう14年も前になるんですねぇ。

DYNAUDIO にとっては初のアンプ内蔵のアクティブスピーカーとなる 実に大きな存在だったスピーカーです。

(※プロユースの「DYNAUDIO PRO(旧Dynaudio Acoustics)」でパワードモニターは一部ありましたが、ここでは民生モデルは別途として考えてます。)

2007年ですので 現在のように Wi-Fi やら Bluetooth 、ネットワークシステムなんぞがまだまだ「未知」の時代です。

発売当時の MC15 の「売り文句」としては 「PC用マルチメディアスピーカー」とうたっていました。

確か 当時は BOSE あたりでは PC用2.1chや5.1chスピーカーやiPod用スピーカー等が「マルチメディアスピーカー」と呼んで様々な形態のスピーカーシステムを出していた記憶があります。

DYNAUDIO からも この MC15 に合わせる形で サブウーファー SUB250MC を発売し 卓上の2.1ch をアピールしております。

要は 音楽メディアが CD からデジタルファイルに移行する時代。

「音楽の聴き方」が大きく変わろうとしていた時代

各メーカーが 新しいオーディオの形を模索し始めた時代でもありました。

そしてタイトルにある この MC15 の何が貴重かと言うと ズバリ!日本では圧倒的に数が少ない!

そうなんです 中古市場でもめった出てこない 「レアモデル」 なのです。

また、2年後の2009年には DYNAUDIO Focus 110A というアクティブスピーカーも発売されました。

Focus 110A は MC15 より「一回り」上と言うか、「兄貴分」と言うか

MC15 がデスクトップに設置する事を念頭にした「ニアフィールドモニター」なのに対し、Focus 110A はルーム用オーディオスピーカーとして存在しました。

そして、 Focus 110A も MC15 同様に 2012年まで 発売されていましたが、MC15と同じく市場では流通量は少ない 「レアモデル」です。

まぁ、理由はいろいろあるとは思うのですが。。。。

2012年には DYNAUDIO より ワイヤレススピーカーの 「Xeo」シリーズが発売、アナログ接続である MC15 も Focus 110A も同時に姿を消すこととなります。

ちなみにこの「Xeo」シリーズ発売前(国内発表前)の試聴品に偶然出会えたなんて事もありました。

 2012年ナックオーディオブログより https://nack-audio.com/wordpress/audioevent/

現在 DYNAUDIO では従来のステレオ/サラウンド等のパッシブスピーカーはもちろん、ワイヤレススピーカーもハイエンドの「FOCUS」シリーズ、エントリーの「Xeo」シリーズ、お手軽ワイヤレススピーカーシステムの「MUSIC」シリーズ、などなど 様々なアンプ内蔵のスピーカーをリリースしております。

今では当たり前にアンプ内蔵のスピーカーをラインナップしている DYNAUDIO 「初」のアンプ内蔵スピーカー

そんな時代の礎を築いた存在の MC15 なんだか愛おしくなりますねぇ。

まず外観から

PC用卓上スピーカーとしては やはりデカいです。

PC用と言うより DTM用モニターと言った方が大きさ的にしっくり感じます。

見た目もDYNAUDIOらしいメカメカしたメタリックな感じがカッコイイです。

エンクロージャーは パッと見でも重厚な造りなのがわかるヘビーなイメージです。

ツイーターは ブックシェルフにお約束的に使われる 28mm径のドーム型ツイータ D280ユニット

ドーム表面のベタベタもお約束ですが ホコリ汚れが少なくキレイで良かった~

ウーファーユニットは 当時評価の高かった ESOTEC 150mm ウーファーユニット

使われるユニットだけ見れば 特に卓上用を考慮した訳ではなく コンパクトブックシェルフをニアフィールドモニターとして使えるよう

アンプ、ネットワークを設計したのでしょう。

背面にはアンプのヒートシンク アンプの詳細までは調べれませんでしたが 大型トロイダルトランスを使ったデジタルとトランジスタのハイブリッドアンプ的なモノじゃないかと思います。

一台当たりに 50W×50W のバイアンプ クロスオーバー周波数は 1500Hz のネットワーク設計となっております。

冷静に考えれば アンプだけでもかなり贅沢に思える設計です。

基本的にGAINレベルを調整することは考えられておりません。

セッティングや同時発売されたサブウーファーSUB250MC との兼ね合いもあってか 微調整レベルの切り替えが可能です。

付属するベースプレートに設置する事で 卓上のでの指向性を考えておりますが、見た目的にもちょっとPCスピーカーっぽい感じになりますね。

でも やはりPC用としては少しサイズが大きいかなぁ。。。

卓上のPCスピーカーとしても申し分ありませんが、4.5畳や6畳間くらいのスペースであれば 普通にステレオスピーカーとしても 

ぜんぜんありだと思います。

実際に試聴してみると 音調としては「モニター調」とでもいいましょうか ニアフィールドを意識したネットワークなのはわかりますが

やはり定位感がずいぶんと手前に押し出してくる

低域 中域 高域 全てにおいて キレの良さを感じるタイトな音作り

メリハリの良さを得意とするなら JAZZ や ROCK はとても気持ちよく鳴ってくれる印象です。

ゲームミング音楽等の電子音源では かなりマッチグの良さを感じます。

一方で クラシックのり では

ソナタ形式のスタジオ録音源では それっぽく鳴ってくれる音もありますが

全体的な音調として 「明るい音」のイメージを感じてしまうのもあってか

クラシック全般は苦手なのかもしれません。

音源に対して あくまでモニタースピーカーとしての使い方でしたら ぜんぜん良いと思います。

サブウーファー を使って 2.1ch は 正直必要ないかなぁ。。。

広い部屋でサラウンドを作りたい方だったら 補正用にサブウーファーを使うのかもしれませんが

ステレオだけで十分に低域は作れていますし、もっと低域の量感が欲しかったら コンパクトモデルではなく

相応の大きさ有るトールボーイ型を選んだ方が自然だと思います。

私個人の感想としては「贅沢なPCスピーカー」「気軽なDTM用モニター」と言った印象です。

そして PCモニターの両脇に置くよりも 定位を考えて 一歩奥にキチンとしたスタンドに設置するのが良いと思います。

もしくは 狭いワンルームや 4.5畳間くらいの小スペースでも 気軽で優秀なステレオ環境を作れるニアフィールドスピーカーして とてもいい感じだと思います。

ナックオーディオ中村です。

久々のブログ更新となります。。。。

このコロナ騒ぎになってから 早や1年3ヵ月くらい。。。

近所に咲く キレイなアジサイを見ても

はぁ~~~~~。。。。。 なんだか ため息しか出ない感じが。。。。

未だに「感染症っていったいなんなんだろう。。どうすりゃいいんだろう。。」って感じで日々過ごしているのですが

気が付けば1年3ヵ月も経っている訳です。

汗をかくほどの暑い日に 皆マスクをしている姿は 以前なら異様な光景だったはずなのに

今では マスクを着用してないと 不安さえ感じるようになってしまいましたね。

たまの外出時にも レジやエスカレーター等で 他人が近くに寄ってくるだけで 妙に怖くなってしまう感覚も

東京では オリンピック開催なんて事になっておりますが 飲食店の8時閉店となっている状況下で 「どうなんだろうなぁ。。」

と 思ってしまいます。

実際に当店でも この1年3ヵ月 「どうやって営業すればいいんだろう。。」 って事ばかり考えています。

コロナ騒動の はじめの半年くらいは 騒ぎも過熱してましたし、まだまだ未知な事が多かったのもあり

ほぼ「開店休業」状態を続けておりましました。

もちろん初期の緊急事態宣言時には休業要請に応じる形でお休みをさせていただきました。

が、いつまでもそんな状況が通用するわけがなく、今まで順調に築いてきた業績も 正直ここへ来て「ガツンと」ダメージをいただいてます。

商いにとっては「過酷」としか言えない このご時世

当店のお客様はじめ、オーディオ愛好家の方は 60歳代 もしくはそれ以上のご高齢の方が非常に多くいらっしゃいます。

健康面でもご年齢相応に基礎疾患や生活習慣病、もっと重くは合併症等の持病をお持ちの方も多くいらっしゃいます。

言ってみれば 今回のコロナにおいて一番ダメージを受けやすい代表とも呼べる方々、「免疫力」に対しての弱者側にいらっしゃる方が多いのも事実です。

そんな中で 積極的に営業をする事や 万が一にでも 自分がコロナウィルスのキャリアになってお客様に感染させてしまったら どうすればいいのか

業務上 お客様のご自宅にお伺いする事も とても多いので 実際に「呼んでいただけるのか??」「仕事になるのか??」

ずっと ずっと ず~~~っと 悩んでおりました。

今までは積極的に広告を出してみたり、WEB戦略等々、ただただ業務的にいろいろやってきた訳ですが

このコロナ過になってからと言うもの すっかり消極的に「開店休業」っぽい状況のまま 低空飛行を続けています。

とは言っても この1年は ご贔屓ただいているお客様より 「引き籠り需要」もあってか

「システムを縮小するから引き取りに来てくれ」 「孫が遊びに来れるように部屋を開けるから手伝ってくれ」「これを機に断捨離やってる」等々

おかげ様で なんとか「仕事」にはなってはいるのでした。

ホントにありがたい事です。

これは私事ではありますが 私には後期高齢者の両親とも 健在 しておます。

話題となっている「練馬区モデル」なる ワクチン接種も一応予約が出来て ホッと一安心したところで

巷でも 実際にワクチン接種がかなり進んでいるとの事も 耳に入ってくるようになりました。

しかし 実際には 経済活動の主体となる若い世代にまでワクチンが届いて 決定的な治療薬が生まれてこないと ホントの安心とは言い難いのですが、 少なくとも去年の「大騒ぎ」の時期に比べれば 僅かにでも「兆し」と呼べる状況なのかもしれません。

当店も少しずつではありますが この「コロナ禍」と慣れ親しんでしまった状況下を踏まえて

「どうすればお客様のお役に立てるのか」

コロナ禍 コロナ後 に向けた 新しい取り組み方 お客様へのサービス等 改めて ”0” からの再スタートする気持ちで邁進していくつもりです。

これまでご愛顧いただきましたお客様はじめ、新たに出会えるお客様

どうぞ ナックオーディオ をよろしくお願いいたします。

代表 中村賢司

こんばんわ。web担当のコジマです。
久々の更新になります、、、

ブログの更新は大変遅くなりましたが、
当店は感染拡大防止に向けた取り組みを徹底し通常営業しております。
感染拡大防止に向けた取り組みの詳細は、下記のページをご覧ください。

■感染拡大防止に向けた取り組みとご協力のお願い
 URL: https://nack-audio.com/news/



それにしても、新型コロナウイルス感染症、、
国内で初めて確認されてから1年が過ぎましたね。
昨年は、自粛、臨時休業、、なんだか、あっという間に過ぎ、
年明けも、緊急事態宣言、、そして、「延長」。
まだまだ、マスクとアルコール消毒、自粛、
なんだか気が滅入ってきますが、、

これは5歳の娘が幼稚園で作ってきた節分用の「鬼のお面」です。
鬼なのに、なぜか笑ている顔なんですよ(笑)
大人が書いたら怖そうな鬼になりそうですけど、
子供って面白いもんですね。ちょっと癒されましたよ。