Spectral DMC-12 なんだか魅力的です。

オーディオ買取販売

こんにちは。ナックオーディオ店主 中村 です。

前回お伝えしました「強行引っ越し」も少しづつ落ち着きはじめなんとか年内にひと段落できそうです!

来年からは「ストック・オフィス」として稼働いたしますので、東京近郊にお住まいの方で、ホームページ掲載商品をご覧になりた方はお越しください。

詳細については近々にホームページで紹介させていただきます!

Spectral DMC-12

そんなゴタゴタのなかやって来たのがこのアンプです。

Spectral スペクトラル の DMC-12 プリアンプです!
このメーカーをご存じ無い方も多いんじゃないかなぁと思います。

ムンドやジェフ、レビンソン等に代表される、いわゆる「基盤アンプ」路線でのハイリファレンスを狙ったメーカーです。
メーカー自体がいわゆる「ハイエンドオーディオ」を目指す方向ではなく、ただただひたすらに電気的に「音」を追求し続けるマニア層に支持の熱いメーカーです。
設計概念からケーブルメーカーまで指定する徹底したシステムを基本に考え、原音再生を第一にスピーカーの特性や音源の定位に忠実である、本来の「アンプ」の仕事だけを目的として設計しています。
このメーカーのアンプの特性は「無」です。
余計な色付けは一切省きただただ「無味」「無臭」を目指すことへ拘っています。

画像2

画像3

今回やってきた DMC-12 はスペクトラル愛好家の中でスペクトラル入門機、基本モデルとして位置づけられております。
後継モデルや上級モデルにかなり魅力はあるのですが、Phono入力があるこのモデルが重宝されているようです。

画像4

電源ユニットは本体と別にモジュール式です。

画像5

入出力はシンプルでプリアウト1系統、TAPE OUT1系統、アンバランス4系統、Phono1系統

画像6

画像7

各ケーブルはMITのターミネーターシリーズのスペクトラル専用が指定されています。

パワーアンプもメーカーよりリリースはされているものの、特に同メーカーで統一する設定ではないようですが、スペクトラルのメーカーらしさを知るには、やはり同メーカーで鳴らすのでいいのかなぁ、、とは思います。

なんだかとても魅力的なプリですので、しばらく当店のデモ機として楽しんでみたいと思いますよぉ~w