iMac ディスプレイ 汚れ?シミ?不具合?

オーディオ買取販売

こんにちは ナックオーディオ中村です。

今日はどんよりとした空模様。朝から肌寒いです。
午後からは雨も降るようですねぇ。
こうやって一雨ごとに寒くなって冬に近づいていくのでしょうねぇ
季節の変わり目ですので、皆さんも風邪などにはお気を付けくださいね。

新型iMac

先日発表された新型iMacです。
エッジ部の厚さは5mmと言う驚異の薄さです。
PC関連の進化は早いですねぇ。
10年前はブラウン管だったモノが、オールインワンでこのサイズ。

今日のネタは、、、、
当店のWEB担当コジマの使用する iMac 27インチ のお話です。
その iMac 27インチ は 2011年7月に購入した BTO で CPU i7 、グラフィック 1GB、メモリー増設等で ¥200,000くらいで Appleストアで購入したモノです。

27インチの大きな画面の左右に、汚れ?シミ?のようなモノがあります。
新品購入から約9か月くらいから症状が出ました。
当初はディスプレイのアウターガラス内部の「汚れ」だと思っていました。

ディスプレイ

ディスプレイ

このiMacではありませんが、以前他のアルミボディーのiMacでガラス内部の汚れがあったので、ガラスを外しキレイに拭き取って解決したことがあったので、今回のこの「汚れ?」「シミ?」もガラスを外してキレイになるモノだと思っていました。

表面ガラスはマグネットで本体に密着しているので、吸盤等で引っ張ると簡単に外せます。
しかし、購入後1年間の保証期間中に自分の判断でガラスを外すと「保証対象外」となることは知っていたので、iMac自体に動作的な不具合は特にないので、保証期間が終了したら、ディスプレイガラス内側の掃除をしようと考えておりました。
ちなみに延長保証の Apple Care は付けておりません。

実際、当店のWEB管理で稼働していたメインマシーンですので、たかがディスプレイガラスの汚れだけで1週間もAppleに預ける訳にはいきません。
現在は1年3か月間使用し、保証期間も終了。
昨日 新型iMacの話で思い出したように、ディスプレイガラスの内側を掃除することとなりました。

しかし、表面ガラス内側と、ディスプレイ側をいくら拭き掃除をしても「汚れ?」「シミ?」は消えません!!
よ~~くその箇所を見てみると、液晶の層の奥にシミ汚れがあります!!

これって、もしかしたら ディスプレイの「不具合」じゃないですか!!!

症状が出始めたのは、Appleの保証期間内だったのですが、実質の症状を確認したのは1年3か月後。。。
当然保証期間は過ぎています。。。 修理は有償となります。
その事情をAppleに説明しても無駄でしょうねぇ・・・。

2009年~2010年にかけての、この27インチディスプレイの不具合の噂は知っていましたが、Appleが公式に対処したと発表しておりましたので、2011年の本体は問題ないと信じておりました。。。が。。。

今現在 iMac 特に27インチディスプレイをお使いの人は、一度ディスプレイのコンディションと保証期間を確認した方が良いと思います。
同じように「ガラス内側の汚れだろ~」って思っている方は是非確認してください。

ネットでこの不具合について調べると、数多くの事例がブログや掲示板等にあります。
これだけの不具合が出ているなら、Appleも公式ページに記載しておくべきだと思います。
せめて、このような不具合事例を説明しを、延長保証のApple Care を推奨するべきです。
なんかApple製品に対して少し不審になってしまいましたよ。。。

現在 iMac をお使いの方で、1年間の保証期間内の場合は延長保証の Apple Care に加入できますので、こういった事例が多数ある事からも、Apple Careの購入をお勧めします。

ちなみに、この症状はディスプレイパネルの内部の事なので、修理は出来ず、ディスプレイパネル自体の交換になり、修理費用も¥50,000を超えるようです。。。。。。
くやしいぃ~~~~~~~~~~~~~~!!!!!

iMacをお使いの皆さん! ディスプレイの汚れは、「汚れ」では無いかもしれませんよ!!!