こんにちは ナックオーディオ中村です。

JBL 4312SX が入荷してきました。

4312シリーズに 「SX」 が存在することは知ってはおりましたが、その音を聴くのは初めてでした。

てか 正直言って 歴代の4312シリーズ好きの私にとっては この 4312SX なんて「邪道」「異端」でしかなく

気にも留めていませんでしたし、興味の欠片もありませんでした。

過去には4312XP なんてモデルもありましたが、XPに関しては あくまで4312の基本音作りをリファインするモデルとして、

見た目は多少違っても ある意味では4312系の仲間であるとは思っておりましたが

今回の 4312SX に関しては 4312 の番号を名乗って欲しくないとすら思っていました。

まぁ そのくらい 長い歴史ある 4312シリーズ とは 「別物」 な存在と言っても反論は無いでしょう。

では実際にどんな音作りなのでしょうか? ソースはJAZZをランダムで鳴らしてみましょう。

第一印象 「デジタル対応!」ってイメージ。

チタンドーム ミッドレンジ + チタンドーム ツイーター 見た目の印象通りって感じ。

解像度の高さと 中高域の「歯切れ」の良さと 音像のエッジのキレ

4312系の「モニター調」な印象もありながら 4312系とは違って「ドンシャリ」傾向に寄らず、低域よりも中高域の印象が強い。

クラシックを鳴らしてみたが、定位に違和感が強く やたら聴き疲れを起こす。。。

意外と好印象だったのは 「ピアノソナタ」「バイオリンソナタ」

狭いサロンやスタジオ録音の音源なら 定位感の違和感は差ほど感じず、モニタースピーカーとして「優秀さ」を感じる。

基本的には JAZZ ROCK 等に似合う やはり 2213Hウーファーユニット 独特の音圧と定位なのだろうと。

今日一日 鳴らして 耳馴染みも出来てきたが やはり 4312系 とは思えないなぁ。

4312系を上回る「優秀さ」はありますが、そのせいでもあるのかも。

まぁ あくまで 個人的になんですけど。


ただいま、ナックオーディオでは、「JBL 4312SX」 など、
スピーカーを買取強化中です!
大型スピーカーや重たいスピーカーの売却は、スタッフが無料でお伺い、その場で買取査定、お品物の引き上げまで行う出張買取サービスが便利です。 お見積もり無料、出張無料、商談不成立の場合でも一切無料ですので、お気軽にお問い合わせください。