McIntosh C200 マッキントッシュ フラッグシップモデルがやって来た!

こんにちは ナックオーディオ店主 中村 です。

今年の冬も もう 終わりなんでしょうか?

近所にある早咲きの 寒桜? なんかも ちらほら見かけるようになり

まだ2月ですが もうすっかり 春の雰囲気ですね。

今日当店にやってきたのは こちら。

McIntosh C200 コントロールアンプ

久々に入荷した McIntosh   2001年にリリースされたフラッグシップモデルです。

電源部とアンプ部本体が別体となった デュアルシャーシ構成になっています。

しかも、1デッキもそれなりにデカイ! その2段積みとなると 相当な量感があるコントロールアンプです。

う~~~ん でかい!

正面からのパッと見では 上段デッキがプリアンプ本体 下段デッキが電源ユニット そんな印象ですが。。。

実は 上段のデッキが 電源ユニット+コントロールユニット で 下段デッキが プリアンプ本体 となっているんですねぇ。。

ズラッと並ぶ端子群 フルバランス構成と言うことで 3系統のバランス入出力が充実しております。

さて

この本体サイズからなる 肝心の「音作り」はと言うと、、、

私の第一印象は 「濃厚」 なイメージです。

やはり McIntosh ならではの 「音密度」と言うか 音色の色が濃いなぁ と言った印象です。

特に小音量時の「音痩せ」をあまり感じないのは ボリュームコントロールの優秀さなんだと思います。

しかし 往年のアナログ色の濃いモデルにはない 明確な「キレ」と「解像度」も感じます。

言い方を変えると 往年のマッキンサウンドに比べると ややデジタルの匂いを感じるかなぁ。

と、思いきや Phonoの音作りは キチンとアナログライクな「美音」な感じ。

特に搭載されているMC昇圧トランスでは マッチング次第では 相当に良い結果を出せるであろう ポテンシャルを感じます。

本体を覗くと そこには ortofon のトランス が! へぇ~~~~

短時間使用での印象ではありますが フラッグシップを名乗るだけの実力は十分に感じましたよ。