こんにちは ナックオーディオ店主 中村 です。

ここ最近はニュースを見れば コロナ コロナ コロナ コロナ ・・・・。。。

なんだか こう毎日耳にしていると 気が滅入ってしまいますよねぇ。。。

そんな状況でも 今年も練馬 千川通り の桜は キレイに咲き始めてます。

さすがに お花見ムード って訳にはいかないようですけど。。。

例年なら 提灯やライトアップなんかで それなりに盛り上がるんですが

ちょっと寂しい感じもする 今年の桜です。

そんなこの頃ですが やって来たのは ESOTERIC D-07 エソテリック DAC D/Aコンバーター

長らくワンオーナーで丁寧にご使用されていた超美品!

しかしながら 製造年は 2011年 早や 9年前のモデルとなってしまった実力機です。

前オーナー様も 特に 音作り について どうこうの不満は無かったのですが

DSDに対応したDACに移行した為 手放されたお品。

デジタル機器の 悲しい運命 とでも言いましょうか。

実力はありながらも 時代について行けないが為に 残されていく。。。。

とは言っても 基本入力 192kHz/24bit  USB入力 96kHz/24bit までは対応しており

現在でも ハイレゾ入門モデルとしては 超贅沢スペックを誇る実力!

所謂 「超ハイレゾ音源」には対応しきれていないものの、16bitCD再生はじめ、DACインターフェイスとしては

十分過ぎるくらいの実力モデルであります。

重厚な造りの本体

拡張性豊かな入出力端子

程度コンディションも申し分なく 美品 です。