DENON フラッグシップモデル PMA-SX1 を見てみましょう

こんにちは。
ナックオーディオ中村です。

いよいよ夏本番といった暑さが連日続いておりますねぇ。
ここ東京も37~8℃といった猛暑って感じで、職場のエアコンも限界な感じです。
ここ数年の夏の暑さは尋常じゃないので、くれぐれも熱中症対策は万全にしてくださいねぇ。

さて、今日は DENON の最上級フラッグシップモデルとなるプリメインアンプ PMA-SX1 がやってきましたよ~

01

まず パッと見で印象的なのは 電源スイッチ、ボリュームと入力セレクトしかありません。
非常にスッキリしていて 私は好きです。
過去DENONの作るプリメインアンプといえば、L/Rバランス、BASS/TREBLEトーンコントロール、ダイレクト切り替え等々。。
いわゆる「いらんもん」が沢山ありましたねぇ。
まぁ「いらん」と言ってしまえば人それぞれの好みなんですが。。
私はこのシンプルすぎるインターフェイスにとても好印象です。

02

本体外観ケースは アルミ削り出し による作り込みをかなり張り切っています。
しかし、なんでだろう。。。
下級モデルと大まかなデザイン性が変わらないせいか、その価値があまり伝わらない気もします。。

04

03

フェイスパネル中央に偉そうに鎮座する このボリューム
偉そうなだけあって アルミ削り出しで作られております。
バックランプの怪しい黄色い色も 結構好きです。

さて、今回の PMA-SX1 の前に、前身モデルとなるフラッグシップモデル PMA-SX の存在があります。
PMA-SX 2008~9年頃の発売モデル 当時価格 750,000円(税別)
PMA-SX1 2015年発売モデル 580,000円(税別)
前身モデルPMA-SXで採用されていた技術や高級パーツがどの程度引き継がれているのか、ちょっと判断しにくい価格の変化ですねぇ。

06

09

入力端子勢
ちょっと面白いのが、Phono端子が MM/MCで2系統あるってこと
なんでしょう、近年のアナログ人気を意識しているのでしょうねぇ。
う~~~ん どうなんでしょう。。

あとは、バランス入力のHot/Coldの2番3番がスイッチで切り替えできるってのは ちょっと面白い
海外のスタジオユース機なんかだと 当たり前のようにいまだに2番Hotですからねぇ

07

なんだか新鮮に見える スピーカーターミナルですねぇ
バナナ接続よりも、直接ケーブルを結線することを重んじた作りですねぇ
作りも良いし とても好印象です。

08

ふっ と見て驚いたのは 電源が2針だった。。
まぁ、下手に3針を構成して、アース環境をおかしくすることはないからいいかもしれない。
私も過去、お客様の使用環境のアーストラブルにさんざん悩まされた経験もある。
その時に「いっそ2針で使ってくれたら。。」なんて思うこともあった。
お客様の使用する環境を信用していないわけじゃないが。。。
まぁ、ホント たまにあるんですよ。 アーストラブルって。

10

私が一番残念に思ったのは このリモコン!
メーカーが「フラッグシップ」と銘打つからにはそれ相応の「モノ」でなくてはいけません。
ましてや 下級モデルのPMA-2000REと同じリモコンが付属品だなんて。。。
こういうところは、ちょっと。。やだかなぁ。。
本体上面や側面なんて、もうちょい手を抜いた作りでもいいから、リモコンはもうちょい高級で特別であってほしいなぁ

11

付属電源ケーブルは まぁ社外品を使うことも当然考慮しているのだろうから これで十分だろうが
本体が2針ってのは 少しケーブル選定のやる気を失わせるよなぁ。

まあぁ
ここまで 見た目でなんだかんだ言っておますが。。
肝心の音作りはどうなんでしょうねぇ
時間のある時に またご報告しますよ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中村紘子さん ご冥福をお祈り申し上げます。

こんにちは ナックオーディオ中村です。

日本のクラシックピアノ界を牽引してきたピアニストの中村紘子さん
26日大腸がんで亡くなられました。

正直私は彼女のピアノはあまり好みではありませんでしたが、彼女の弾くショパンの「木枯らしのエチュード」CHOPIN Etude Op.25-11 は結構好きでした。
なんというか、彼女は結構指から腕にかけての力強さがあったのでしょう。「力強さ」の表現は素晴らしいと思いながらも、私には少々ヒステリックな〝トンカチ〝ピアノに聴こえてしまった。
しかし、ショパンの木枯らしだけは 彼女の個性にしっくりハマっていた気がします。
あと、リストの超絶なんかも彼女の得意としただけあって、とてもしっくり聴こえます。

と、
なんだかんだ言っても日本のクラシックピアノ界を牽引してきた実力は本物だと改めて思います。

1960年にN響と行った世界ツアー BBC収録
こんな映像が残っていたんですねぇ。
私が生まれる10年以上前のこの時代に。。。

音質はそれなりに最悪ですが、とても臨場感あるのが不思議です。

中村紘子さん ご冥福をお祈り申し上げます。 そして、お疲れさまでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ELAC 310CE CRYSTAL EDITION を鳴らす

こんにちは ナックオーディオ中村です。

今日も東京は梅雨らしいベタベタとした感じ
仕事中もなんとなく「スッキリ」「サッパリ」しない感じがするのかなぁ

そんな梅雨の中やってきたのは ELAC 310CE
こいつで今日の気分をスッキリさせる音楽でも鳴らしてみましたよ

01

第一印象は いかにも現代的なスピーカーの音作りって思う
いわゆる「小径ハイパワーウーファー」的な低域と50,000Hzという超高解像度のリボンツイーター
そして、見た目のサイズ感を裏切るレンジ感
昔の人がこのてのスピーカーを聴いたら驚くだろうなぁ といつも思ってしまう

基本的に私の耳はアナログ育ちの大径ウーファーの定位感でできている
とは言っても 仕事がら現代スピーカーを中心に扱うことが多いので、「今時」スピーカーに対する音作りの耳も持っている。

02

まずは このリボンツイーター JETⅢ
クロスオーバー3,000Hz から 50,000Hz という驚異の解像度を持つ
超ハイレゾ音源の再生にも動じることはまずないだろう
ただクセの強いリボンツイーターならではの特性的な「旨味」と呼べる帯域を引き出すためのネットワーク設計がかなり重要になる

03

クリスタル模様にプレスされより強度を高めたウーファーコーン
表面のアルミとパルプ素材のハイブリッドでできている
当店でも過去にELAC 300シリーズは何点か扱ってきたが このクリスタル模様の奴は初めて扱う
鳴らしてみて驚くのが この低域のレスポンスの良さ スピード感
キレのある低域のお手本のようだ
ただし、小径ウーファーゆえの「量感」だけは小音量時では少し物足りない気もする
システムの能率は86dBと 決してイイとは言えない低能率の理由 そこが顕著に表れてしまっているように思える。
小径ハイパワーロングストロークウーファーのお手本のような欠点だ
ただ、そこの課題はアンプ選びでクリヤーになることも多い

私がよく提唱する「小音量こそ大容量アンプ」に軍配が上がるということ
強力なマグネットにロングストロークの為のコイルロス、力を力で押さえつける強力なエッジダンパー
そんなユニットにはやはりアンプ容量でカバーできる要素は多い
とは言え、超ヘビー級のハイパワーモノラルアンプを用意すればいいかと言えばそうでもない
やはり このスピーカーのトータルで見たポテンシャルを考えてアンプを選ぶ必要はある

convert

今日一日鳴らしていたのは この maranzt DA04 デジタルアンプだ
この組み合わせは 自画自賛になってしまうが かなり良い
小径ハイパワーウーファーの欠点をうまく熟している感がある
ほんとはクラスAアンプや真空管アンプも捨てがたいのだが、そもそものこのスピーカーのコンセプトと方向性が違う気がする
私個人的には この ELAC 310CE にはパワーのあるデジタルアンプがおすすめですね

04

今回は専用スタンドとなる LS70Ⅱ も一緒にやってきている
デザインや色からしてハイテクっぽい印象でかっこいい
スピーカー本体から床設置もスパイク仕立てで 設置の面白さもかなりある
ただ、このスタンド けっこう「鳴き」がある
音量にもよるが低域の共振が意外と出ていることに気が付いた
重量級のオーディオボードは必要になる
できれば支柱部はスピーカーケーブルが通せるようになっている構造なのだが、そこはあきらめて充填材等で対策したいいと思う

いろいろこの310CEの事を考えてみたが
なによりこのスピーカーはとても「面白み」を感じる要素は多大にある
音を聴けば「ホントはもっと良く鳴るんじゃないか?」と思わせてくれるからだ
優秀なツイーターと小径ながらのハイパワーウーファー
腕試し的な魅力ある 「小さなじゃじゃ馬」 といったところだろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

謎の「貝」コレクションの世界。。。

こんにちは ナックオーディオ中村です。

いよいよ梅雨になり、毎日がなんだか湿っぽい感じになってきましたねぇ。
まぁ。もともと日本は海外のように「カラッと」した感じは少ない夏ではありますがねぇ。
私もここ数日はエアコンのドライを頼る毎日です。
そして、このエアコンのってヤツは、またまたオーディオと相性が非常に悪いんだなぁ。。
エアコンのインバーター電源ってやつは、どうにも。。。
窓を開けて気持ちの良い風でも吹けば気持ちはいいですが、なかなかそうもいかないようで。。
蚊も入ってくれば、外の騒音なんかも。。。

そんな梅雨の中
先日買取の件でお邪魔させていただいた厚木市のY様宅でのお話

01

いつも通り買取業務として一通り機器を拝見させていただいていたところ。。。
テーブルの上に何やら「貝」が大切そうにケースに入って置いてあった。
まぁ、ぱっと見た感じでも「綺麗な貝」であるのはわかる。
お部屋のインテリアとしての「飾り」なのだろうと。。。
なんとなく気軽に「キレイな貝ですねぇ」と言ってみた。
この時点で私は「貝」の世界ってヤツを甘くみていたのだろうと。。
「貝コレクション」の世界はかなり奥深いらしいようだ。。。

貝のことを口にしたとたんY様の目つきが変わった。。。。
それまでのオーディオの話やらお仕事の話なんか、いわゆる「世間話」程度の会話とは明らかにポテンシャルの違う貝に対する「圧」があるのである。

02

03

04

部屋を見渡すと、いたるところに「貝」達が居た。。
た、た、確かにキレイな貝なのは分かるのだが、コレクションする人はまぁかなりの少数派であることは間違いないだろう。
しかも、Y様のコレクションの中には世界的にかなり貴重なモノもあるようで、価格にすればかなりのモノらしい。。。
と言っても、素人からすれば、その価格が高いのか安いのかもさっぱりわからん。。

05

単純に「貝が好き」な事ではあるが、収集癖と言う世界
趣味と言ってしまえばそれまでだが、それはそれで奥深いものである。
Y様もこの「貝」の世界に魅せられて、長年戦っておられるようだ。

私の生業とする「オーディオの世界」も世間一般から見ればかなり「にっち」なジャンルに値する。
レコード針に10万円以上散在するこの世界、知らない人に言えば確実に「引く」だろう。
お客様と普通にするオーディオの会話も、世間一般的にはかなり「マニアック」な世界に映っているに違いない。

しかし、この「貝」の世界って。。。。
正直聞いたことがなかった。。。

Y様は子供のころから特に理由もなく「貝」に魅力を感じていたようで、水族館等で「お土産」程度の貝を集めることからはじまり
自分の収入でコレクションするようになってからは「歯止め」というか「限度」をわきまえるのがかなり難しいらしい。
自分の中でルールを作って制御しないと、かなり「ハマる」世界のようです。
現実にコレクター仲間には家計を崩壊させてまで「夢の貝」を手に入れる人までいるらしい。
長年貝収集に携わる重鎮の方からは「若いんだから辞めときな」と諭されるなんてこともあるようで
まるで覚○○剤にでも手を付けているように聞こえてしまう。。。

オーディオ製品と違って、メーカーやモデルが存在するモノではないので、気に入った貝を見つけ「ここで手に入れなければ一生。。。」となってしなうらしい。。

どうやらこの「貝」コレクションという世界は「趣味」といえば可愛らしく聞こえるが
よくよく話を聞けばかなり「病的」な世界らしい。。
気に入った貝は自分の手に入れたいっ!
そう思うと歯止めが利かなくなるらしいようです。

う~~~ん
と、話を聞いてみても、やはり私にはなかなか理解できないのだなぁ。。。

一点モノと感じる収集癖の代表と言えば、やはり「骨董」だろう
どうにも貝の世界は骨董の世界に近いようだなぁ。
骨董が好きなら、美術館や博物館に見に行けばいいと思うが、やはりそれはそれ
「自分のモノ」にしたい所有願望がちがうのだろう。
コレクター魂としては、博物館や美術館に収まったモノは流通する事が困難な為、そういった公の貯蔵品となったモノは「死蔵品」という見え方になるらしい。
故にそういった収集マニアが熱い世界では当然のように「裏の流通世界」も存在するらしいのです
「貝」の世界にも「裏の流通」があるらしいのですが、もう私には何の話だかまったくわかりません。。
ネットの発展によってさらにその世界も広がっているらしいです。

Y様も自分の「貝収集癖」をある種の「病気」であると自覚しているようです
到底人に認めてもらおうなんて気持ちも毛頭なく、あくまで「自分の世界」である
そこまで自分の世界観が持てるモノがあるって、やっぱちょっと羨ましいかなぁ。
まぁ、総じて言えば
ジャンルは違えど、趣味を突き詰めれば突き詰めるほど「天国」と「地獄」は背中合わせってことでしょうかねぇ。

06

帰りにはこんなお土産もいただいちゃった。。
Y様から見れば「そんな大したもんじゃない」らしいのだが。。
高価な貝とそうじゃない貝の違いが私にはさっぱりわからないのですが。。。

07

でも、よ~~く貝の柄や形を見てみると、すごく不思議で神秘的ですねぇ
いったいどうして、この色、この柄、この形になったのだろうと
海の生物の中でも、人間なんかよりももっと古代から生息している生物であり、生体も未だに謎なことが多いらしいですしねぇ

う~~~~ん
なんとも奥深い世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと珍しい TANNOY T165 CHESTER

こんにちは ナックオーディオ中村です。

今日はちょっと珍しい TANNOY のChester(チェスター)をご紹介

01

簡単にスペックを見てみます

25cm(10inch)同軸型2ウェイ
バスレフ方式・ブックシェルフ型
周波数特性:50Hz~20kHz ±3dB
許容入力:60W(連続)
出力音圧レベル:89dB
公称インピーダンス:8Ω
クロスオーバー周波数:3.5kHz
外形寸法:W350 × H524 × D268 mm
本体重量:17kg

02

スピーカー全体として見れば、大きさ的にも往年の名機ⅢLZに近い印象だが
往年のREDモニターやGOLDモニターとは同じ25cm(10インチ)ユニットでもまったく特性が異なる
特にクロスオーバーとして3.5kHzのネットワーク設計から
フルレンジ + 高域ホーンツイーター の同軸ユニットとして鳴らしているイメージ

03

実際に鳴らしてみると
とても特性的にバランスが良く、アンプ選びも苦労しなさそうな印象です。
実際にREDモニター/GOLDモニターの特に10インチモニターを使った事のある方ならご存知だろうが
タンノイならではの良く言えば「個性」悪く言えば「クセ」がかなり強い
さらにモニターシルバーやモニターブラック等は「超」が付くほど難癖モノである
その個性(クセ)がいい意味で薄れているユニットの印象です。
しかし、そこはTANNOYの作る同軸ユニットだけあって「同軸らしさ」はやはり健在している
総じて「鳴らしやすいTANNOY」といった感じの印象です。

04

箱は正面ポートのバスレフ型
初期のⅢLZと比べてしまうが、独特の「箱鳴り」の印象はないなぁ
やはりバスレフにすることでユニットの「力」加減で音作りをする設計なんだろう
試にバスレフポートを調整するといろいろな変化があって楽しい
しかし、この同軸ならではの独特の指向性と定位感はやはりTANNOYっぽい感じです

05

今日半日ほどいろいろはジャンルで鳴らしていましたが
基本ノンジャンルでバランス良く鳴る印象ですが、クラシックフルオケはやや難しいかなぁ
印象良かったのはピアノソナタ、ヴァイオリンソナタ、小編成の室内管弦楽、声楽オペラなんか
高域に歯切れの良さがあるので心地いいです
あと、アコギやボサノヴァ弾き語りも好印象だったなぁ
ようは、録音時のスケール感が必要なジャンルは苦手ながらも、楽器や声の個性を表現するのは得意といった感じのスピーカーですねぇ

日本では流通量の少ないモデルなので、あまり見かけませんよねぇ
もうちょい楽しんだら販売ページにアップしますんでお楽しみに~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加