こんにちは ナックオーディオ中村です。

ここ数日で なんだか急に秋めいてきましたねぇ。
昼間も日陰では少し肌寒く感じますし、夜の冷え込みも感じてきました。
空気も乾燥しているのでしょうか、朝起きると なんだか喉が少し痛む気がしますし。。
風邪引かないように気を付けないと。。

さて、 今日入荷してきたのは marantz マランツ PM-13S2 現行モデルの一世代前モデルとなります。
正直 現行の PM-12 より PM-13S2 の方が作り込みの凝った仕上がりです。

今日 一日いろいろ鳴らしてみてはおります。
以前 PM-13S2 の上級モデル PM-11S2 が入荷した時の印象と ほぼ同じ印象。
「良くも悪くも」 優秀 って感じ。

もっと言えば 私の中にある 「 marantz アンプ 」 とは異なる優秀さって感じがします。
マランツアンプらしい 中音域~高音域にかけての線の細さや音像のクッキリさ。
低音域のバランス良い押し出し感、力強さ。
解像度の固い中堅クラスのトールボーイ程度なら楽々ドライブさせるくらいの感じです。
総じて「バランスの良い優秀なアンプ」と言ってもいいと思います。
デザインも ちょいとメカメカしいイメージではあります。

ちなみに 当店には PM-14 を デモ機 として使っています。
特に「優秀」だからデモ機として選んでいるのではなく marantz〝らしさ”のある「普通」な感じが良かったからです。
〝らしさ”と言っても もちろん 過去の US matantz とは 音作りそのものは異なりますが、 この PM-14 くらいの時期までは
marantz らしい 「音の肉厚感」 みたいな印象がありました。
所謂 「アナログライク」 な音作りとでも言いましょうか。
特段個性のあるアンプではないのですが 私好みの 「普通のトランジスタアンプ」 って感じで PM-14 を好んで使っています。

そんな訳で どうしても このPM-14あたりの marantz と比べてしまうんです。
でも PM-13S2 「優秀」ってことでは ホント 間違いないんですよ。

こんにちは ナックオーディオ中村です。

JBL 4312SX が入荷してきました。

4312シリーズに 「SX」 が存在することは知ってはおりましたが、その音を聴くのは初めてでした。

てか 正直言って 歴代の4312シリーズ好きの私にとっては この 4312SX なんて「邪道」「異端」でしかなく

気にも留めていませんでしたし、興味の欠片もありませんでした。

過去には4312XP なんてモデルもありましたが、XPに関しては あくまで4312の基本音作りをリファインするモデルとして、

見た目は多少違っても ある意味では4312系の仲間であるとは思っておりましたが

今回の 4312SX に関しては 4312 の番号を名乗って欲しくないとすら思っていました。

まぁ そのくらい 長い歴史ある 4312シリーズ とは 「別物」 な存在と言っても反論は無いでしょう。

では実際にどんな音作りなのでしょうか? ソースはJAZZをランダムで鳴らしてみましょう。

第一印象 「デジタル対応!」ってイメージ。

チタンドーム ミッドレンジ + チタンドーム ツイーター 見た目の印象通りって感じ。

解像度の高さと 中高域の「歯切れ」の良さと 音像のエッジのキレ

4312系の「モニター調」な印象もありながら 4312系とは違って「ドンシャリ」傾向に寄らず、低域よりも中高域の印象が強い。

クラシックを鳴らしてみたが、定位に違和感が強く やたら聴き疲れを起こす。。。

意外と好印象だったのは 「ピアノソナタ」「バイオリンソナタ」

狭いサロンやスタジオ録音の音源なら 定位感の違和感は差ほど感じず、モニタースピーカーとして「優秀さ」を感じる。

基本的には JAZZ ROCK 等に似合う やはり 2213Hウーファーユニット 独特の音圧と定位なのだろうと。

今日一日 鳴らして 耳馴染みも出来てきたが やはり 4312系 とは思えないなぁ。

4312系を上回る「優秀さ」はありますが、そのせいでもあるのかも。

まぁ あくまで 個人的になんですけど。

こんにちは ナックオーディオ中村です。

先日 所用で池袋の西武Loftへお買い物に。

目的の文具を買い、何となくブラブラ雑貨を見ていると 何やらスピーカーが並べてあります。

ここ数年で認知度を増した 「Bluetoothスピーカー」 や 「デジタルオーディオスピーカー」「ワイヤレススピーカー」 等々と呼ばれているアンプ内蔵型のスピーカーです。

ギターアンプでお馴染みの Marshall マーシャル のブランドで ズラリと並んでいる光景は ギター好きから見れば「異常」な光景なんですけどね。。
若者にはキャッチーな印象なのでしょう。
特にバンド音楽好きから見れば、部屋に Marshall のロゴマークが部屋に飾ってあるだけでも嬉しい気持ちは何となく分かります。

デザイン系オーディオブランドの代表と言っても良いでしょう B&O も このジャンルはお得意と言ったところなんでしょう。
伊勢丹でも取り扱うあたり 価格も まぁ それなりに奮発しないと って感じ。

Dynaudio Music 1/Music 3/Music 5/Music7

ちょっと 驚いたのは モニター系スピーカーとして人気のたかい デンマークの Dynaudio からも!!
おお お値段も他メーカーから比べれば それなりに 「言って」 ますよね。
ここには置いてありませんでしたが B&W からも Zeppelin 等 Apple AirPlay スピーカーは結構前から販売していますしね。
デンマークブランドは このジャンルが好きなのでしょうか。

あとは有名所では 日本で独特の人気を占めている BOSE からも多数のモデルがありますしねぇ

あとはご存知 audio-technicaさん からは AT-PL300BT Bluetooth対応のターンテーブルもおいてあります。
まぁ 物理的にレコード盤を針で引っ掻いて音が出るのはとても新鮮ですし、見た目的に音楽再生が盛り上がるって意味では 素晴らしい製品だと思います。
私達の目指す「ピュアオーディオ」の中でのレコード再生とは 全くと言っていいほど比較にならない「別物」としても
実際の音質や再生の品質について あーだこーだ は当然ありますが、そう言う対象では無いと思います。
ただ、こういった「おもちゃ」でも、若い子達のレコード認知の間口になってくれれば良いと思います。

私達 オーディオファン オーディオ愛好家 からすれば「???」なジャンルとも言える このワイヤレススピーカー達
Loftロフトと言うポピュラーな「雑貨屋さん」で手軽に扱われる意味とは。
このジャンルが 今後の「手軽な一般的なオーディオ」として認知されているのかもしれませんね。

こんにちは ナックオーディオ 中村 です。

以前もこのブログで軽く取り上げた Rogers LS5/9 65th Anniversary Edition

Rogers LS5/9 65th Anniversary Edition に遭遇

ついに当店にやって参りました!

Rogers と言えば 英国を代表するBBCモニターとして有名です。

LS3/5a LS5/8 LS5/9 特にこの3モデルはRogersを代表するモデルです。

実は Rogers ロジャース と言っても 使用しているユニットは KEF、スペンドール、ハーベス、チャートウェル だったりします。
 注※モデルや製造時期によって異なります

と言うもの、LS3/5a LS5/8 LS5/9  これは Rogers 社 の「開発」したモデル番号でBBCの「規格番号」となっています。

特に LS3/5a は Rogers はじめKEF、スペンドール、ハーベス、チャートウェルでも製造販売しております。

まぁ BBCモニターの話は いろいろ複雑なので またの機会にでもお話しましょうか。

せっかくなので 私の個人所有の LS5/9 初期モデルと比べまてみます。

大きさもほぼほぼ一緒  新しい65thの方が やや重い感じ。
オリジナルLS5/9 が 80年代半ばのモデルですので 約30歳ほど年上です

ユニットについてはまだ詳しく調べていませんが、「似て非なるモノ」なのは見て分かります。
ウーファーのPPPコーンこそ 見た目の雰囲気一緒ですが、中身の違いはあるでしょう。
ツイーターはオリジナル同様 34mmドームツイーター 
バスレフポートの位置は オリジナルは非対称 65th は対象となっています。

背面はバイワイヤー対応の端子 まぁ今どきなのは当たり前ですよね
オリジナルの方は エンクロージャーがチーク仕上げなので パッと見の高級感は 65th の方がいいかなぁ。
でも チーク仕上げも それはそれでビンテージ感があっていいけどなぁ。

せかっくなら やはり これをやらないとね

2モデルを並べて聴き比べです!
こういう贅沢な 「遊び?」 ができるのも オーディオ屋稼業のおかげでしょう。

まだまだ軽くしか鳴らしておりませんが
前回ブログで記したように LS5/9 65th Anniversary Edition は高域の解像度が まぁ優秀ですね
あとはネットワークの設計なのかなぁ 定位感に奥行きを感じるかなぁ
総じていえば「現代的」な感じで、イメージで言えば「デジタル対応」とでも言いましょうか。

一方 オリジナルLS5/9は やはりアナログライクなイメージ
定位もモニター調の手前に寄ってくる感じ
高域の解像度はけっして高いとは言えませんが、音作りは濃密と言った感じ。

どちらも私好みの 2wayらしい スッキリとして歯切れの良いサウンドですね。
明日 じっくり聴き比べしてみようっと。

こんにちは ナックオーディオ中村です。

10月に入ってからは日に日に秋めいてきましたね。
日中は半袖で過ごしても、日が暮れれば肌寒く、長袖のシャツを準備する。
「あ~。。 今年も夏が終わってしまったなぁ~。。。」
毎年感じるこの感覚。
秋ってなんだか「切ない」感じなんですよねぇ。

そんな、ぼんやりムードではありますが
本日の 「ネタ」 は  Wadia 861 CDプレーヤーです。

う~~~ん やっぱり カッコイイ!
この 見た目の武骨な感じ 「男気」を感じます。

当店でも 861 に限らず Wadia CDプレーヤーは幾度も扱ってきました。
しかし、今回の 861 オリジナルを扱うのは初めて。
今まで扱ってきた861は全て デジタルIN/OUT を省いたモデル  BASIC モデル だったんですねぇ。

この861がリリースされたのが2001年頃のこと。
まだ PCオーディオ ネットワークオーディオ が「噂レベル」で囁かれていた時代です。
次世代高音質音源として SACD/DVD AUDIO が話題だったのを記憶しています。
まだまだ デジタルソースの可能性が「安易」ではなく、DACを使ってデジタルを管理するシステム感覚が希薄な時代でもありました。

価格帯的にも オリジナルモデル と BASIC + VRDSバージョンアップ が検討された価格でしたので。
VRDSメカ + Wadia DAC をCDプレーヤーの 「完成形」 と感じている方は 迷わず バージョンアップに予算を考えたのだと思います。
一方で Wadia DAC の音作り に「拡張性」を感じていた方は 861オリジナル を選択したのだと。

今回やって来た Wadia 861 
お約束と言ってもいい 「トレーベルト交換」 の状態。
OPENさせても トレーか途中で止まってしまい「ウィ~~~ン、ウィ~~ン・・・」
何度聞いても 「切ない音」 です。。
所謂 CDプレーヤーの「高齢者」の仲間入りの合図の音でもあります。
まぁ 製造から15年以上経てば 当然なんですけどね。
そう考えると うちには Philips やら STUDER やら。。。後期高齢者CDプレーヤー達が。。。

内部を覗いてみます
お馴染みのVRDSメカとDAC基盤の2件の分譲 DAC基盤は2階建て といった感じ。
VRDS メカ TEAK製 CMK3.2  TEAC(Esoteric)のOEM という扱いですが、メカ自体は同じものです。

まず初めに トレーを引き出します。
このストッパー部を少しだけ上に引っ張ってやると スコッ っと抜け出ます。

VRDSメカ本体を外すと トレー開閉の機構が出てきます。
いつもなら、このドライブユニットごと 取り外して作業するのですが、
今回の オペ は本体に残したまま トレー機構を 「摘出」 してみます。
くれぐれもピックアップにダメージを与えないように慎重に行います。

一番手前に見えているベルト
これが トレー開閉の 送り出し用のベルト
見ただけで分かるように 弛んでます
ベルトを触ってみると ゴム自体の材質劣化の為 ベタベタしている状態
トレーを動かせないのも当然の状態です。
このベルトだけの交換なら このまますぐに終了ではあります。

この作業で「面倒」なのがこのベルト
トレーが閉まった後 ディスクをクランプさせる為の機構
見た目の感じだと このまま簡単にベルト交換できそうなんですが
モーターとギアをバラバラにしないと ベルトが抜けないんですよねぇ。
毎回この作業をする度に 「もうちょっと考えてくれよぉ~~。。」って思いますねぇ。。

グタグタ言いながらも ASSYを外します。
ここでモーターを切り離します。

バラバラにするとこんな感じに
しかし。。 「外人」って Cリング好きだよなぁ。。。
これも 毎回思います。
ピンの向きやワッシャー(シム)の位置は間違えないようにします。
適当に組んであるようで、実は調整した結果 のこ組み方になっているので。
ベルトを交換し 各所グリスアップ
そして ベルトが接するプーリー部はキレイに洗浄し 元に組付けます。

作業ついでに ピックアップ受光部のクリーニングも
無水アルコールで 「軽く」 です。
当たり前ですが ゴシゴシ すると 終了しますので。 気を付けて。

ベルト交換を終えて 元通りに組付けて
さて 試演 です。
トレーもバッチリ スムースです
VRDSメカ 独特の ディスクがセットされた時の 「カコ~~ン」って音が何とも好きです。

さて
今回はこの作業で どんな道具を使ったのか?
簡単にご紹介です。
 と 言うのも
この手の作業ブログを見て 結構 問い合わせが多いんです
「ベルトはありますか?」 「工賃いくらですか?」 「自分でもできますか?」 等々。。。

ちなみに 当店では ベルトの在庫もございません。
修理業務も行っておりません。 当店に入荷したモノに限り当店にてメンテナスしております。
「自分でもできますか?」 → わかりません。。自己責任と自己判断でお願いいたします。

そんなこともあって
「この程度」の作業内容で「この程度」の道具は 「最低限」 必要というお話です。

やはり ドライバー類は細かなモノを結構ついます。
ネジ(ビス)類もサイズが色々なのはもちろんですし。 ネジ山を「舐めて」しまうと 結構は問題ですので
あとは プライヤー や ピンセット 類も重要ですねぇ 細かいので 指が入らない場所が多いので
あと 写真にはありませんが、マグネットのピックアップツール等も結構重要です。

ケミカル系のモノも洗浄するだけでこのくらいの薬品類は使います
材料に適したモノを使わないと 痛めるだけだけなので気を付けましょう
偏に樹脂(プラスチック)やゴムと言っても材料も様々
ラッカー系に弱い材料、石油系に弱い材料、アルコール系に弱い材料、他にもいろいろです。
あと、写真にはありませんが、鉱物系のグリスやら、接点部の薬品も使ってます。

綿棒と言っても 私は4種類の綿棒をついます。
あと 意外と重宝するのは 竹ようじ です。
木製のつま楊枝だと 意外ともろくて


まぁ こんな感じで
実際の作業としては 2時間程度の内容ではありますが、何度もやっているからこの時間なんです。
当然、「想定外」の症状の場合 もっと時間を要する事もありますし、 部品を調達しなおして作業を見送ることだってあります。
すべては 「現場」「現状」 との闘いです。
「自分でもできますか?」 って問いは
なんと言うか その妙な緊張感が 「面白い」 と思えるかどうか
あと、自己責任と自己判断に自信が持てるかどうかなんじゃないかと思います。

※当店では家電製品の修理や分解、改造等を推奨している訳ではございません。
※あくまでも経年オーディオ機器がどう取り扱われているかをご紹介する内容であります。
※修理やメンテナスにつきましては 基本的に 「メーカー」 へお問い合わせください。