ターンテーブル(レコードプレーヤー)、アナログ関連機器の買取について

ナックオーディオはターンテーブルはじめ、
アナログ関連機器の取扱いに特化し、他店に負けない絶対の自信があります!!

リムドライブ/ベルト(糸)ドライブで自作が主流だった時代から、ダイレクトドライブへと移行し、現在に至るまでの各年代のターンテーブル達。英国BBC認定機種、海外メーカーのortofon、EMTはもとより、現在も生産され続けるDENON 103 の歴史、MICRO、FR、SAEC等の国産名機達に至るまで、アナログシステムに関しては熟知しております。
お客様の価値あるシステムを査定させてください!

ご注意

※このようなアナログ関連機器を買取しています

  • ターンテーブル(レコードプレーヤー)
  • 針、カートリッジ
  • アーム
  • MC昇圧トランス
  • フォノアンプ(フォノイコライザー等)
  • カートリッジキーパー
  • ディスクスタビライザー
  • グラスプラッター
  • そのほかのアナログ関連機器も買取しています。詳しくはお問い合わせください。

ターンテーブル(レコードプレーヤー)、アナログ関連機器買取チェックポイント

国内外各メーカーの現行エントリーモデルはもちろん、メーカー対応の難しい国産機種、部品調達の難しい海外のビンテージ機種も適切に査定いたします。
また、システムの構成内容によりモーター、アーム、キャビネット単体で査定した方がお得な場合があります。その場合も1点1点適切に査定させていただきます。
当店基準では針、カートリッジは消耗品ではありません。
カートリッジについてもスタイラス、カンチレバー、ダンパーコンディションまで細かく査定し、プラス評価点を細かくを探します。また、シェルやアクセサリー類はもちろん、リード線、カートリッジ取り付けビスに至るまで細かく査定します。針の破損したMCカートリッジ、針の入手困難なMMカートリッジについても同様に細かく査定させていただます。当たり前ですが、MC昇圧トランス、フォノアンプ(フォノイコライザー等)はシステムとは別にキチンと査定いたします。

※当店の中古程度基準を上回る「程度の良いお品」「美品」に関してもプラス査定!
※購入時の元箱や付属品のコンディションも細かくプラス査定いたします!

壊れた機器、ジャンク扱いについて

壊れてしまった機器、いわゆる「ジャンク品」についても、修理対象や部品単位として買取できる場合があります。
お気軽にご相談ください!

ターンテーブル(レコードプレーヤー)ほか、アナログ機器の買取実績

実際にお客様から買取させていただいたターンテーブルなどのアナログ機器を一部ご紹介しています。

Garrard401
2018年4月12日
Garrard(ガラード)
401
ターンテーブル

YAMAHA GT-2000
2018年3月28日
YAMAHA(ヤマハ)
GT-2000
ターンテーブル

ortofoSPU GTカートリッジ
2018年3月3日
ortofo(オルトフォン)
SPU GT
カートリッジ

DECCA MK5 ffssカートリッジ
2018年2月19日
DECCA(デッカ)
MK5 ffss
カートリッジ

JS/ortofonSTA-6600MC昇圧トランス
2018年2月10日
JS/ortofon
STA-6600
MC昇圧トランス

お問い合わせ方法

売却が初めてのかたもご安心いただけるよう誠実な対応を心がけています。
持ち運びが難しいターンテーブルなどの売却は出張買取がお勧めです。
アナログ機器の買取のご依頼・ご相談は、「お電話、メール」にてお受けしています。お気軽にどうぞ。

※フリーダイヤルがつながらない場合は、
03-3577-1232へおかけください。

メールでのお問い合わせ

※後日、専門スタッフよりメールもしくはお電話にてご連絡させていただきます。