ほじょ犬育成を応援!

盲導犬、介助犬、聴導犬の説明

盲導犬1頭訓練するのに掛かる費用

その他、ドッグフード(仔犬の粉ミルク)、犬のブラシ、シャンプー、ドライヤー、業務用掃除機、障害物など犬具一般、
普及啓発活動に使うチラシ、交通費や事務所の運営費など、さまざまな費用が掛かっています。
盲導犬は目の不自由な方に無償で提供されているようで、ほとんどの経費は寄付によってまかなっていられるようです。

介助犬応援ストラップのご案内

介助犬応援ストラップのご案内

「補助犬」こんなときはどうしたらいいの?

補助犬を街で見かけたら?

  • 盲導犬をさわったり、大きな声や口笛で呼んだりしないでください。
  • 食べ物やお水をあげたりしないでください。
  • 静かに見守ってください。

もし盲導犬ユーザーが道に迷っていたら?

  • 盲導犬ではなく盲導犬ユーザーに「何かお手伝いしましょうか?」と声をかけてください。

盲導犬は信号の判断が出来ないんです!

  • 盲導犬ユーザーは車の音を聞きながら、青かどうか判断します。
    そんな時に「青ですよ」「今、赤ですよ」の皆さんからの一言が、
    大きな安心につながります。

各ほじょ犬協会

盲導犬・介助犬・聴導犬の各協会です。

ケンゾウとチビ