Rafal Blechacz(ラファウ・ブレハッチ)東京公演2013 行ってきた~!

こんにちは ナックオーディオ中村です。
今日は新宿初台のオペラシティで行われた
第15回ショパン国際ピアノコンクール(2005年)覇者 ラファウ・ブレハッチ の東京公演に行ってきましたよ。

01

前回彼が来日したのは2007年
先に行われたショパン国際ピアノコンクール(ショパコン)優勝の熱もあってか、かなり注目もされており、当時22歳だった彼にはかなりのプレッシャーとなるツアーだったはずです。
今回は6年経って 彼がいかに成長したのかを見たいと思っていました。

前回2007年のオペラシティでの公演も見ましたが、とにかくブレハッチ=ショパンという押しが強かった印象でしたが、今回の演目ではモーツァルト、ベートーベンも交えての公演です。

011

ちょっと早めにオペラシティに到着して、フラフラ散歩です。
コンサートホールへ続くこの階段はいつ見てもカッコイイです。

02

中庭にはクリスマスツリーと巨人オブジェ
年末ムード漂いますねぇ

03

最上階 54階のラウンジでお茶しようと思ったけど、窓際の席が空いてなかったので諦めました。。。
ここの窓から見える新宿の景色ははイイですねぇ。
特に夕暮れ時がオススメです。

04

開場となってホールに行ってみると、どこからともなく人がワサワサ集まってきましたねぇ
キャパ1500人位の会場でしょうか。 満員御礼で混んでいます。
クロークにコートを預け、時間まで会場うろうろしましょう。

05

06

こんなカワイイツリーも飾られています。
年末、クリスマスはクラシックと雰囲気が合いますねぇ

07

近代的で落ち着きある創りのホールです。
構造的には音の反響を減らす壁材で覆われてます。
吸音重視のチューニングです。

09

今回席は残念ながら良い席が取れず、かなり後ろのA席だったのですが、このホールは基本的に高く突き抜けた天井を鳴らすようになっているので、比較的全席に心地よい響きが届きます。
近くで見れないのはちょっと残念ですがねぇ

08

今回使用したピアノはスタインウェイでした。
確か前回はYAMAHAだったような気がしたんですが。。
私個人的にはこのホールにはYAMAHAの音の方が合っているように思うんですよねぇ

******************************************************************************

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第9番 二長調 K.311
Mozart: Piano Sonata No.9 in D major K.311

正直驚きました!
ブレハッチのモーツァルトがこんなに良いと思っていませんでした!
曲目も良かったのもあるかもしれませんが、何よりも彼自身がとても楽しそうに弾いてる!
人に聴かせようとしているより、自分自身が楽しんでいるよう見えました。
のだめカンタービレじゃありませんが、音の粒が会場に漂うイメージが聴いていてとても心地よかったなぁ

******************************************************************************

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第7番 二長調 Op.10-3
Beethoven: Piano Sonata No.7 in D major Op.10-3

とてもそつなく繊細で濃密な演奏。
ブレハッチらしい表現だと思いましたが、正直言ってブレハッチとベートーベンってなんとなく合わない気がするんですよねえぇ
もちろんすばらしい演奏だったのですが、
何と言うか、、ベートーベンの旋律とブレハッチ 肌が合っていないと言うか。。
ベト弾きのピアニストってもっと影の部分を持っていると言うか、絶望の中の光を表現するというか。。
今のブレハッチとは何となく波長が違って聴こえたのは私だけでしょうかねぇ。。。

******************************************************************************

ショパン:夜想曲 第10番 変イ長調 Op.32-2
Chopin: Nocturne No.10 in A flat major Op.32-2

ショパン:ポロネーズ 第3番 イ長調 「軍隊」/第4番 ハ短調
Chopin: Polonaise No.3 & No.4 Op.40

今回 この2曲が聴きたくてコンサートに行ったようなもんです。
文句なく最高です!
特にポロネーズ! 鳥肌もんです!
今 ポロネーズを弾かせたら彼が世界一です!

******************************************************************************

ショパン:3つのマズルカ Op.63
Chopin: 3 Mazurkas Op. 63

ショパン:スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 Op.39
Chopin: Scherzo No.3 in c sharp minor op.39

この辺のショパンはブレハッチにもってこいです。
聴いてるこっちも何の疑いもなく身を任せれる感じで安心ですよ。
安心、安定の演奏。
ショパコン当時 ショパンの再来と言われた所以でしょうね

******************************************************************************
そしてアンコール

10

ちょっと手抜きかなぁww とも思える選曲ではありますが
でもやっぱプレリュード4番はガッチリ心を掴まされましたねぇ。
「ああ 本物だぁぁ。。」それが感想です。

******************************************************************************

12

コンサート終了後はサイン会が開かれてましたよ!
300人くらい並んでたので、諦めましたww
すごい人気ですねぇ~ やっぱ若い女の子が多かったかなぁww
ブレハッチも少し戸惑っているようにも見えましたねぇww

13

14

15

いあや~~ でも やっぱり行って良かったなぁ~
次の来日公演もまた行こう
彼の今後の成長がますます楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。