あの日の突然の恐怖から7年。

もう7年か。。。
まだ7年か。。。

地震の恐怖 津波の恐怖 地盤沈下の恐怖 そしてなにより 制御不能な原発の恐怖

東京では震災直後から2時間後にはガソリンが買えなくなります。
スーパーに行っても食料も乏しくなり、米等の保存のきく食料品はあっという間に売り切れ
ペットボトルの水も買える状況ではありませんでした。
電気の不安が話題になれば、すぐさま電池は売り切れ、懐中電灯、ろうそくまで手に入らない。
ホームセンターに行けば、発電機も売り切れる始末。
東京は常に「無駄に」モノが溢れていると思って生きてきましたが、流通と電気が途切れると、東京が如何に「生命力」が弱い地域なのかと
東北とはまた違った「東京ならでは」の震災の怖さを味わいました。

そして
震災から5か月後、宮城へ行ったあの景色
いまだに目に焼き付いております。
悲惨を通り越した「無」に近い感覚
震災被害というよりも「無」な感じ。
「かわいそう」「大変そう」「がんばれ」 そんな言葉すら簡単に出てこない景色
ただただ 黙ってしまった景色
恐らく、戦後の焼け野原の景色も この感覚に近かったのだろうと想像する
できれば もう二度と見たくない景色

仙台空港近くの浜辺に行くと、何もなかったような穏やかでキレイな景色が広がっている
人間が価値を置き、大切にしてきたモノ
「愛」「希望」「時間」「お金」 その他たくさんのモノ
そんなモノ 津波の前では 何も約に立たない 無力でしかないのだと
まるで、人間の存在自体をあざ笑うかのような そんな美しい海の景色だった

7年経った今でも あの時の気持ちは忘れていません
そして これからも忘れるつもりもありません

30acb8f27c0b9e7b2167e49ffbc86b50

こんにちは ナックオーディオ中村です。

新年明けて もう早2週間が経ちます。。 ああ 早いなぁ。

正月休みをいただいたのもあってか、時間の経つのが早く感じます。

そんな「正月連休ボケ」の抜けきらないまま。。。。

今日ご紹介するのは B&W 686S2 / 22[tu:tu:] ハイブリッド真空管アンプ

01

前オーナー様のリビングのBGM用として使われていたお品。

もちろんメインのシステムは別ですけどね。

02

まずは 日本では人気スピーカーブランドとして名高い B&W
686s2 。 s2 は Series2 の略。
当店でもこの600シリーズは過去たくさん扱ってきました。
初代の601はじめ 700シリーズはもちろん 初期800シリーズは今でも私は愛用しています。
私個人的にも B&W の音作りの基本概念は大好きです。
そして、改めて現行モデルの686s2を聴いてみる。

「この価格でこの音が出るんだぁ~!」ファーストインプレッション。

ペアで価格¥90,000 実勢価格¥70,000程度

正直言って初代の600シリーズとは雲泥の差すぎる。。。
はじめの600シリーズって正直言えばB&Wとは名ばかりで、ミニコンポの付属品レベルの音だった。
それがどうだろう。。。。
こんな言い方どうかと思うが、入門モデルなんかにしとくには勿体ない!
思わずそう思ってしまう出来の良さを感じる。
解像度、定位感、音圧感、トータル的なバランス
このサイズとこの実売価格を考えればかなり優秀なスピーカーだと思う。
もう少し予算を組めば、仕上げの良さも追加出来たのかもしれないが、それはそれだろう。

700シリーズではじめてB&Wらしい音作りを感じることができ、800シリーズで「B&Wの音」がある印象だった。
もちろん、Nautilus以前のMATRIXシリーズやCMシリーズも「それ」だが、やはり今のB&Wの在り方を見れば
Nautilusから始まった初代の600/700/800シリーズがB&Wにとって大きな「音作り」の改革だったと思う。

たった数年でスピーカーの技術って進むんだなぁ
あらためて実感させてくれたモデルだった。

03

続いては 22[tu:tu:] EKF-01 ハイブリッド真空管アンプ

「んん?? 何それ?」  まぁ、普通はそんな反応だと思います。

このハイブリッドアンプ
ずいぶん前のブログでも一度紹介させていただいたのですが
簡単に説明すると エレキット(イーケイジャパン)が作るデジタルアンプの前段トーンコントロール部に6SN7を使った
デジタル/アナログのハイブリッドアンプってことです。
オーディオショップの取り扱いと言うよりも、おしゃれ雑貨屋さんやセレクトショップ等で流通される感じかなぁ。
設計はエレキットが請け負っているはずだけど、トータルのデザインがプロダクトデザイナー二俣公一氏によるもの。
コンパクトブックシェルフを鳴らすには必要十分なスペックを持っています。
音作りのニュアンスとしては見た目の通り「今どき+アナログ」と言った感じの印象
トーン部に管球を使うことで音が「ツヤっぽく」出てきます。
かと言えばスピードとキレの良さがデジタルアンプ特有のニュアンスって感じかなぁ。
もっと言えば、トランジスタアンプのように容量に頼る音圧的な音作りとは遠い印象。
小型ブックシェルフ程度だからこそ良さを感じるってことでしょう。
中型以上のトールボーイ等でははっきり言って役不足なのは言うまでもありません。
ただ、この手のデジタルアンプって TANNOY等 の高能率スピーカーをあっさりキレイに鳴らす可能ってあるんですよ。
その辺がデジタルアンプの侮れないとこですよね。

先にも言いましたが、おしゃれ雑貨屋さんやセレクトショップ等で扱われている通り「見た目」大事なアンプであることは間違いありません。
しかし「ほどほどやるよっ!」とも感じるハイブリッドアンプです。
そんな感じで「今どき」的な感覚で組み合わせて使えば「空間+音」の自由さを感じられると思います。
Ari Mac等でWiFi転送させればプレーヤーの概念すら無限大。サーバー転送で音源の所有すら不要
音楽をもっと 自由に! 気軽に! おしゃれに!

しかし。。。どうもこの業界にいると
「オーディオっていうのは・・・」「アンプとは・・・」「スピーカーとは・・・」
気が付けば頭が凝り固まってしまっているような気がします。
まぁ 悲しいかな
やはりオーディオにハマればハマるほど「オタク度」が高くなってしまうのは否定できないんですがね。。

たまには「固定概念」は捨てて音作りを自由にイメージするのもいいかもしれませんね。

images

2018年

あけましておめでとうございます。

本年も ナックオーディオ をよろしくお願いいたします。

ナックオーディオ代表 中村賢司

2017年
今年も残すところあと僅かとなりましたね。
みなさんは年末年始いかがおすごしでしょうか?

私はと言うと、一応「年末らしさ」を感じながらも、基本的に「ただの月末」的な印象ですかねぇ。
なんとなくバタバタはしてはおりますがね
「まぁ、お正月だし。。少し休もうかなぁ。。」って程度かなぁ。

2017年12月30日(土)から2018年1月5日(金)までお正月休みをいただきます。
今年も沢山のお客様に出会えた事、お役に立てた事、とても感謝しております。
来年も、もっともっと 皆さんのお役に立てられるよう努力していきます!

年末年始は寒いらしいので 風邪など引かぬよう 
また、正月で調子に乗って 飲みすぎ等々。。 
みなさん 2018年 良いお年をお迎えください。

ナックオーディオ 中村賢司

こんにちは。
ナックオーディオweb担当の小島です。
大変久々にブログを書きますが、、、今年もあと10日なんですね〜。
年々、1年が短く感じますね。小学生の頃の夏休みはすごーく長かったんですけどね、、、

そんな、年末ですが、、
ただ今、ナックオーディオではオーディオ高価買取キャンペーンを行っております!
年内に片付けたいな〜と思っているスピーカーやアンプなどございましたら、まずはご相談下さい!
専門スタッフが、オーディオの買取ことはもちろん、お持ちのシステムのお悩みまでお聞きします。
買い替えなどで困ったことがございましたら、お気軽にお電話ください。

TEL:0120-98-7474

当店は、東京練馬より無料出張しています。
出張でお伺いする時間は、お客様のご都合に合わせて夜間や早朝でもOK
会社から帰宅する夜間に来て欲しい。夕方から用事があるからできるだけ午前中に来て欲しい。など
ご要望がございましたら、お申し付けください。


オーディオ買取強化中。詳細はこちら